スポンサーリンク

最近人気沸騰!伏見エリア

ふつふつと新しいカフェができつつある、京都の伏見エリア。
その中でも最近オープンしたばかりでありながら、老若男女問わず人気で、わざわざ行きたい!と思わせてくれる「ちょうのはね」(chounohane)さん。

ちょうのはね 京都

「小さな菓子工房」とお店の名前についてあるほど、お店は小さいですが、カウンター5席に2人がけのテーブルが2席あります。
店内は明るく、焼きあがった焼き菓子がカウンターに並んでいて甘い薫りが包み込む。

 

お持ち帰りやお土産用の焼き菓子も販売していて店内中心に置いてあります。
駐車場はないですが自転車やバイクは止めるスペースあって、車は近くにコインパーキングがあります。

洗練された美しさが溢れるスイーツたち

店主さんがつくるフォルムのとっても綺麗なスイーツは本当に美しいとしか言いようがなく、見惚れてしまいます。
お皿や器にもこだわりとセンスが光っていて、スイーツがより美味しく見えてしまうほど◎
お菓子作りが好きな筆者はこのセンス嫉妬しちゃうくらいです。

ちょうのはね 京都

マスカットのバルケット

小さいながら存在感がすごい。
味は想像以上にあっさりで、でも甘さもしっかりあって、、一口で贅沢食べしたいくらいですが、ゆっくり味わい余韻ん楽しみたい一品。
 
ちょうのはね 京都

・イチジクのバルケット(タルト)
・イチジクのショートケーキ
・グラスデザート 桃のブラマンジェ mini
・自家製季節の果実シロップ炭酸

ショートケーキはこのカットの美しさと、まさに断面萌えのsns映え!
シンプルなのに美しい。simple is best とはこのこと。

取り置き必須のグラススイーツ

数量限定ですぐにお取り置きでも売り切れてしまうグラススイーツ。
それもそのはず、その見た目の可愛さに惚れ、味わったらなお惚れてしまうスイーツです。

ちょうのはね 京都

桃のブランマンジェのミニサイズ。

このグラスにピンクがcute◎
お味は桃本来の味がいかされていて、桃好きにはたまりません。

焼き菓子の日

「毎週金曜日は焼き菓子販売の日」になってます。
カウンターにずらりと並んだカヌレやマフィン、マカロンに、メレンゲたち。もう、あれもこれもとついついてがでてしまいます。
焼き菓子の日もケーキはないですが、焼き菓子とドリンクを奥のテーブル席で頂くことが最近できるようになったのでそれも嬉しい。

予約制のコラボかき氷

「ちょうのはねさん×嘘と僕さん」とのコラボかき氷が、日にち限定で開催され「ちょうのはね」さんの作る可愛いスイーツのような果実氷が食べられる日があります!

例えば...
「8月19日限定氷 夏のちょうちょ無花果氷」のような形で限定日としてかき氷が登場◎

席数に限りがあるので時間での予約制になってます。
公式のインスタグラムで告知があるのでチェックです!

ちょうのはね 京都

メニュー

メニューは本日のケーキとして黒板にかかれてありますが、バルケット数種類、ショートケーキ数種類、チーズケーキ、カヌレやスコーンなどの焼き菓子があります。

ドリンク

ブレンドcoffee (京都玉屋珈琲有機スペシャル)
カフェラテ
和紅茶
自家製季節の果実シロップ (水割り:炭酸割り)
オレンジジュース
りんごジュース
ジンジャーエール

※好きなケーキとドリンクで50円引き。
その他メニューあり。

ホールケーキもオーダーで作っていただけるのでお誕生日や、お祝いごとなどに注文することも可能。

注目の伏見カフェエリア

 

最近何かと賑わいが増してきた伏見。
お酒のイメージが強いかもしれませんが、お洒落なカフェが続々とオープンしています。
洗練された美しいスイーツを味わいに是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたいオススメの記事

公式Instagram

店舗情報

・店名 小さな菓子工房 ちょうのはね
・ジャンル カフェ、洋菓子(その他)、マカロン
・住所 京都府京都市伏見区西朱雀町791

・交通手段
近鉄伏見駅徒歩10分
伏見駅から492m

・営業時間
11:00~17:30
金曜日は菓子の販売のみ。

・席数 9席

・個室無

・貸切 不可

・禁煙・喫煙 完全禁煙

地図・場所

スポンサーリンク
おすすめの記事