スポンサーリンク

豪華なフレンチのランチディナー

観光客で大人気の大阪梅田エリアですが、高級ホテルもいくつもあって宿泊にも最適で各国の富裕層も梅田エリアの高級ホテルに宿泊しています。

今回はその高級ホテルでいただけるオススメのフレンチ店を厳選して紹介します。

特別な日や自分へのご褒美に高級フレンチを楽しみたい。

ラ・ベ La Baie

大阪梅田リッツ ラ・ベ La Baie

こちらのお店はあのリッツカールトン大阪のメインダイニング店です。

お店の名前のラベはフランス語で湾という意味ですが、その名前の通り海の幸シーフードをたっぷりと使用したフレンチをベースにシェフのセンスを加えた見た目味も楽しめるお店です。

大阪梅田リッツ ラ・ベ La Baie

リッツカールトンということもあり店内は絢爛豪華な作りで接客も極上です。

ザ・リッツ・カールトン大阪のメインダイニングです。「ミシュランガイド 京都・大阪 2018」にて一つ星として掲載。フランス語で「湾」という意味をもつ店名のとおり、多彩なシーフードを使用。伝統的なフレンチテクニックをもとに、シェフのオリジナリティ溢れる、見た目にも美しい五感で味わうお料理をご提供いたします。一皿一皿シェフの独創性が豊かに描き出された記憶に残る料理をお楽しみください。

店舗情報

・住所 大阪府大阪市北区梅田2-5-25 ザ・リッツ・カールトン大阪 5F
・交通手段
 阪神「梅田駅」西出口より 徒歩約5分
 地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札口より 徒歩約5分
 JR「大阪駅」桜橋出口より 徒歩約7分
・営業時間
 11:30~14:30(LO)
 17:30~21:00(LO)
・定休日 無休

ピエール Pierre

ピエール 大阪梅田インターコンチネンタル

高級ホテル・インターコンチネンタル大阪20階にあるこちらのお店はミシュランガイド大阪京都2018で2年連続1つ星を受賞しています。

インターコンチネンタル大阪を代表するレストランです。

20階から眺める夜景も素敵で、デートに最適のフレンチ店。

ピエール 大阪梅田インターコンチネンタル

フレンチ以外にもアフタヌーンティーは女性に大人気です。

「ミシュランガイド京都・大阪 2018」にて2年連続一つ星を獲得した、インターコンチネンタルホテル大阪を代表するフレンチレストラン。季節の移り変わりを感じさせる和の素材とフランス料理の技法を独自の感性でマリアージュさせた、新しいスタイルのフランス料理を提供しています。料理長・大久保 晋が牽引するキッチンチームが、鮮度と質にこだわった旬の食材を使用し、創造に満ちたフレンチキュイジーヌをお届けします。

店舗情報

・住所 大阪府大阪市北区大深町3-60 インターコンチネンタルホテル大阪 20F
・交通手段
 JR大阪駅/JR大阪駅より徒歩約5分
 大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約5分
 阪急電鉄梅田駅より徒歩約5分
・営業時間
 [ランチ]  11:30~14:00(L.O)
 [ディナー]  18:00~21:30(L.O)
・定休日 年中無休
・終日禁煙

※ドレスコードは、スマートカジュアルでジャケットの着用をおすすめします。

メゾンタテルヨシノ

メゾンタテルヨシノ

北新地のANAクラウンプラザホテル大阪2階にある隠れ家フレンチでオープンして間もない間にミシュラン1つ星を獲得した実力店です。

白を基調とした清潔感とエレガントな空間でセンスが光る料理の数々を楽しめます。

メゾンタテルヨシノー大阪の中心地に位置するANAクラウンプラザホテル大阪2階のミシュラン一つ星を獲得した隠れ家フレンチレストランです。日本のみならずフランスにおいてもその才能を認められたフランス料理界の重鎮「吉野 建」が生み出す料理は、伝統的ながらも創造性豊か。なかでも彩とりどりの野菜を芸術的に表現した「モネの庭園」は繊細で華やかな一品です。ナガオトシオ氏によりデザインされた店内は吉野シェフの故郷の空と海をイメージしたもの。ホワイトとゴールドを基調としたインテリアは、エレガントな料理をさらに引き立てます。洗練されたサービスとともに、想い出に残る最高のひとときをご提供致します。

店舗情報

・住所 大阪府大阪市北区堂島浜1-3-1 ANAクラウンプラザホテル大阪 2F
・交通手段
 京阪中之島線「大江橋」徒歩3分
 JR東西線「北新地駅」徒歩7分
 地下鉄御堂筋線「淀屋橋」徒歩7分
 JR「大阪駅」及び各線「梅田駅」から徒歩15〜20分

・営業時間
 Lunch ランチ
 11:30 a.m.~2:30 p.m.
 Dinner ディナー
 6:00 p.m.~9:30 p.m
・定休日 無休

たまには豪華ランチディナー

高級ホテルで普段と違う雰囲気で贅沢な時間を過ごして癒されるのもまた魅力の1つです。

スポンサーリンク
おすすめの記事